湖畔のトレーダー

日経先物と日本株、米国株の売買で3億円の利益を得る記録

【日本株 調査】EV急速充電設備

今後のEVの普及を材料とした物色をSQMの買い検討記事(http://kohatore.hatenablog.com/entry/2017/07/09/124237)で書いたが、充電設備についての物色が漏れていた。EVのパーツ関連は海外の企業との競争に巻き込まれる懸念から見送ったが、充電設備については、日本国内企業のみに競争が限定される(のではないかと思う) ので、利益を享受する企業を見定めやすいと考え、調査した。

対象は2社ある。
6617 東光高岳ホールディングス
東光電気と高岳製作所が統合した会社。高岳製作所が東電系の急速充電器でシェア40%もっており、業界トップ企業。

6918菊水電子工業
独立系だが急速充電器を開発、販売。
無借金。業績安定。

東光高岳はPERが20倍を越えており、買う気にはならない。
菊水は急速充電器の販売実績がよくわからない。が、業績安定しており、配当利回り3%と悪くないが、急速充電器の展開が不明な状況で現値はPER17倍であり、妙味を感じない。

SQMは記事(http://kohatore.hatenablog.com/entry/2017/07/09/124237) の時同様に上昇を継続している。